YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

AMEX経由で海外航空券を購入したら、空港間の送迎が【無料で】付いてきた話。

スポンサーリンク

アメリカンエクスプレス、通称アメックス(以下、AMEXと表記)のセンチュリオンサービスセンター経由で海外航空券の予約をしたら、どこよりも安くチケットの予約ができ、更に空港間の送迎が【無料で】付いてきました。

《おすすめ記事》

▶︎【AMEXフリーステイギフト】と【Hオナーズ特典】の併用はできるの? - YOROZU KOSODATE

航空券の手配

ハワイ旅行に向けて、東京ーハワイ間のビジネスクラス航空券を探していました。いつもは自分で手配してしまうのですが、せっかくなので今回はAMEXのにセンチュリオンサービスセンターに電話をして、予約してもらいました。というのも、センチュリオンサービスセンター経由で航空券の予約をすると、空港間の送迎が【無料で】ついてくるためです。

 

あらかじめサービスセンターに電話をする前に、最安の航空会社のチケットを下調べしていました。探していた日程はシルバーウィークと重なっていたようで、普段よりもビジネスクラスの航空券はかなり高騰していました。しかし、AMEXには提携航空会社との間に独自の「AMEX優待レート」というものが存在しており、下調べしていた最安航空券よりもさらに5万円安く航空券をとることができました。この「AMEX優待レート」というものが大変スグレモノで、ゴールデンウィークやお盆など、いわゆる航空券の料金が高騰する時期であったとしてもこの「AMEX優待レート」は固定料金なので、値上がりしないんです。人気がある時期であればあるほど、空席さえあれば一番安く航空券が取れてしまうのです。

 

 ※国内航空券の場合は、空港間無料送迎の対象外です。

 ※自身で航空券の手配をした場合は、その予約の支払いがAMEXカードからであったとしても空港間無料送迎の対象にはなりません。

 ※空港間送迎無料は、ビジネスクラス以上の航空券の予約である必要があります。エコノミークラスの航空券の場合は、空港間送迎は無料にはならず【優待料金】で手配してもらえるそうです。プラチナカードであれば、国際線のビジネスクラス予約であっても空港間送迎は無料にはなりませんが、【優待料金】で空港間送迎を手配してもらえると思います。 

空港間無料送迎サービス

センチュリオンサービスセンターで航空券を取った一番の目的が、この空港間無料送迎サービスです。送迎がつくので利用する空港は羽田でも成田でもどちらでもよかったので、最安料金だった成田ーホノルルのビジネスクラス航空券を予約しました。

 

センチュリオンサービスセンターで海外航空券のビジネスクラスを予約したことで、自宅ー成田空港、ホノルル空港ー滞在先、滞在先ーホノルル空港、成田空港ー自宅までの計4経路の送迎を【無料】で利用できました。送迎に関しては改めて個人で手配する必要はなく、予約した航空券の時間をもとに、サービスセンターの方で時間を逆算して勝手に送迎会社に依頼をしておいてくれます。大きなスーツケースの数を聞かれ、「多分2〜3個」と伝えると、大きいタイプのタクシーを手配しておいてくれるとのことでした。送迎時間は、改めて工程表としてメールで送ってくれます。空港に早めに着いておきたいなどリクエストがあれば、その時間に合わせて送迎時間を設定してくれます。

とっても便利!空港間送迎サービス、当日の流れ。

旅行の出発当日。出発時間にMKタクシーのワンボックスが自宅の前で待機してくれていました。空港に着くと、空港の出発ロビー入り口の目の前で降ろしてもらえました。スーツケースを降ろすのも、荷物を空港のカートに乗せるのもドライバーさんが手伝ってくれました。

 

自身の運転で成田空港に向かうと、空港で駐車場に車を停め、トランクから荷物を降ろして子どもを降ろして荷物をがらがら押して連絡通路を渡ってチェックインカウンターまで行って、、、という当たり前の工程がありますが、送迎サービスを利用すると駐車場に立ち寄る必要がなくチェックインカウンターまでスムーズに行けたので、とっても楽!これは病みつきになってしまいそうな予感です。

 

ハワイでホノルル空港に着くと、苗字のプレートをかかげた現地ドライバーさんが空港の出口で私たちを出迎えてくれました。送迎はCarey Limousineという送迎会社に依頼されており、行きはリンカーンのナビゲーター(Lincoln Navigator L)、帰りはキャデラックのエスカレード(Cadillac Escalade ESV)が迎えに来てくれました。

△これが実際にホテルまで迎えに来てくれた車。

 

帰りに成田空港に到着し、到着ゲートを出ると、MKタクシー(アルファード)のドライバーさんが出迎えてくれました。送迎車は空港の駐車場に停めてあり、到着ゲートから駐車場所までドライバーさんが大荷物の空港カートを押して行ってくれました。疲れた子どもを抱っこしていたので大変ありがたかったです。

 

夕方の成田空港から都内までの道のりは大変混雑します。普段は、「運転するの好きだから全然苦じゃないよ!」と言って空港からの帰りの渋滞も嫌な顔一つせずに運転してくれるオットですが、今回送迎サービスを使ったことで、「これは楽でいいね!クセになりそう!」と言って大変気に入っていました。

どれだけお得だったの?検証してみました。

調べてみると、世田谷区ー成田空港間はMKタクシーの送迎サービスを利用すると定額23,000円でした。往復だと、ミーティング料も含めると49,000円になります。Carey Limousineを利用した場合のホノルル空港ーワイキキ間の送迎料金はわからなかったのですが、最安のチャーリーズタクシー利用であれば、チップ込みで往復70ドル、日本円換算($1=113円の場合)にすると約8000円といったところでしょう。

 

計4経路の送迎を自身で手配していた場合は、合計で約57,000円かかっていた計算になります。

 

今回のセンチュリオンサービスセンター経由での航空券の予約では、航空券代が5万円安くなり、少なく見積もっても約57,000円分の空港間無料送迎が使えました。合計すると約11万円得をした計算になります。

センチュリオン会員で年会費の元をとるには…

オットがAMEXのセンチュリオン会員になってそろそろ一年。センチュリオンとは、世に言うブラックカードのことで、初年度は【入会金+年会費】として918,000円(税込)、二年目からは年会費として378,000円(税込)がかかります。私も夫のおこぼれにあずかってブラックカードの家族カードを持たせてもらっています。

 

海外航空券をセンチュリオンサービスセンター経由で4回予約すれば、ブラックカード年会費の378,000円(税込)の元を取れる計算になります。提携航空会社であればAMEX独自の優待レートが設定されているなど、AMEXは航空系に強いのだなと改めて感じました。

 

我が家の場合は、海外にはオットが仕事で年に何度か行ったり、家族旅行で年に1〜2回行く程度です。年会費の元が取れるのかは微妙なところはありますが、たくさん海外に行く機会がある人であれば、4回の海外旅行で年会費の元が取れてしまう計算になりますね。

 

ただ、肝心の旅行先のアメリカではAMEXが使えるお店が少ないので(笑)、VISAなど他のカードも持って行くことをオススメします^^;

デタラメだらけ!AMEXブラックカードの口コミブログ

センチュリオン会員について書かれているブログを目にすると、「この人、本当はブラックカード持ってないでしょ」というものばかり。噂が噂を呼び、その噂をまともに受けてそのまま横流ししているだけの口コミを見かけます。

 

知恵袋に「年会費のもとを取れている気がしない、ブログに書かれているような【ホテルをスイートにアップグレードしてもらえた】というような扱いを受けたことがなく、もったいなく感じる」といったようなグチも見かけました。

 

全く、その通りです。年会費がもったいないったらありゃしない!(笑)ブラックカードを持っていたところでプラチナカードとのサービスの差をあまり感じないし、ブラックカードとは言え所詮クレジットカード。日常で得をする場面も特にありません。唯一、私がタクシーに乗ってカードで支払いをした時に「ぶぶぶブラックカードですか、はは初めて見ました!」とドライバーさんに驚いてもらうくらいです。

 

なんだかやっぱり年会費もったいないよな〜と思う今日この頃ですが、付帯の海外旅行保険も充実しているので、安心材料になっていることは確かです。今回の海外航空券の手配で約11万円お得になったように、年会費の元が取れそうないい方法を引き続き探っていきながら、ブラックカード(の家族カード)としばしおつきあいを続けてみようと思います。

 

《おすすめ記事》

▶︎【AMEXフリーステイギフト】と【Hオナーズ特典】の併用はできるの? - YOROZU KOSODATE

▶︎【ザ・プリンスヴィラ軽井沢】メゾネットスパ(キッチン&温泉露天風呂付き)客室レポート〜子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【箱根ハイランドホテル】温泉露天風呂付き客室宿泊レポート!〜2歳子連れ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【グランクラス】陸のファーストクラス!北陸新幹線はくたか・あさま乗車記(東京ー軽井沢)〜赤ちゃん連れ・子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【ヒルトン小田原リゾート&スパ】ドキドキが止まらない!ディナーブッフェは前菜からケーキまで大充実・大満足の品揃え!【全品】写真レポート - YOROZU