YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

【ハイアットリージェンシーワイキキ】コインランドリーや電子レンジなどお役立ち情報〜2歳子連れハワイ旅行記〜

スポンサーリンク

 Hyatt Regency Waikiki Beach Resort and Spa(ハイアットリージェンシーワイキキリゾートアンドスパ)に宿泊するにあたってのお役立ち情報をご紹介していきます。

《おすすめ記事》

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】赤ちゃん連れ宿泊で感じた【デメリット】とその対策〜赤ちゃん連れハワイ旅行〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎ 【全店舗紹介】フードコートがアツい!ワイキキのフードコート《4箇所》まとめ - YOROZU KOSODATE

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】宿泊者が徒歩圏内で便利に使るお店《7選》 - YOROZU KOSODATE

コインランドリー

 ダイアモンドヘッドタワー4階にコインランドリーがあります。このコインランドリーは洗濯機、乾燥機、共にそれぞれ$3で利用できます。現金かクレジットカードでの支払いになります。現金の場合は紙幣は使えないので、洗濯機と乾燥機を両方使うとなると25セント(クオーター)コインを24枚用意する必要があります。ランドリールーム内に両替機があるので、25セントコインが足りなくても大丈夫ですよ!ちなみに私は、毎回クレジットカードで支払ってしまっていました。

△上段が乾燥機、下段が洗濯機です。

 クレジットカード支払機とコイン投入口が左右対象にありますが、左側が下段の洗濯機用(赤でマーク)、右側が上段の乾燥機用(青でマーク)です。

「23」「300」と表示されている部分に関してですが、

「23」…洗濯機が利用中で、残り23分ですよ〜

「300」…乾燥機は$3.00で利用できますよ〜(つまり、あいていますよ〜)

の意味です。つまり、「300」と表示されている機械が空いている部分ですので、それを目安にしてみてください。

 洗濯機、乾燥機はそれぞれ4か5台ずつあるのでどこかしらは空いているのですが、たまに終了しているのに洗濯物が中に残ったまま、ということもありました。そんな時は、ランドリールーム内にたたみ用の台があるので、そこに残っている洗濯物を移動させてしまっていました。

 逆に、他の方に迷惑にならないように、私は洗濯終了のぴったりの時間に必ず取りに行くようにしていました。盗難防止の意味でも。

△洗濯機の操作方法。日本語なので安心ですね。

△乾燥機の操作方法。

△洗濯機の設定は、いつも「DELICATES」「WARM」で、SOIL LEVEL(汚れの度合い)は「MEDIUM」にしていました。

 乾燥機の設定は、「HIGH TEMP(高温)」「MED TEMP(中温)」「 LOW TEMP(低温)」「NO HEAT」「DELICATES」から選べますが、いつも「DELICATES」にしていました。生乾きになったりすることはなかったです。

 他のコンドミニアムの洗濯・乾燥機ではこのように細かい設定ができるものがあまりないので、助かります。(前にハワイの温度設定のない洗濯機で買ったばかりの子供の帽子を洗い、縫い目がのびのびになってしまったことがありました。それ以来、「DELICATES」設定一択です。)

 

△左:両替機、右:洗濯洗剤、柔軟剤もランドリールーム内で購入できます。

 

すごく便利!ハイアットパントリー

 ダイアモンドヘッドタワー3階にある朝食ブッフェ会場SHORに、このような看板がたっているのですが、ぱっと見てなんの意味だかわかりますか?

 実は、朝食ブッフェのときエッグスタンド(目の前でオムレツなどを焼いてくれるところ)になっている場所に電子レンジが置かれているのですが、これを12:00-22:00の間は、宿泊客であれば自由に使っても良いのです。電子レンジだけでなく、棚の中にあるスプーンやフォーク、お皿なども自由に使えます。あの看板だけではわかりづらいので、多分皆さんご存知ないのでしょう。10泊していたなかで、利用している人を一度も見かけませんでした。ハイアットリージェンシーワイキキは部屋にキッチンが付いておらず電子レンジもついていないので、それが理由で滞在先としての候補からはずれてしまうこともあるかもしれませんが、このように共用電子レンジは12:00-22:00の時間内であれば自由に使えますので、利用しない手はないです。部屋の冷蔵庫に入れておいたお料理も、ここで温め直しができるのはありがたいです。特に、離乳食の温めにも使えるのが嬉しいですね。電子レンジ対応の蓋つきタッパがあれば、即席温野菜なども簡単に作れてしまいます。

 △写真左側に電子レンジが見えます。自由に使ってOKです。

 

 電子レンジはこの他にリージェンシークラブラウンジでも使うことができますが、そちらは、クラブルームに宿泊している人のみ利用可能です。

参考:ハイアットリージェンシークラブラウンジ大解剖〜子連れハワイ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

 

クレームを言ったらこうなった!

  私たちの隣の部屋(スイートルーム)が、ある晩とーーーってもうるさかったんです。スイートですから、きっと大勢呼んでパーティーでもしていたのでしょう。うちも子連れで日頃決して静かではないはずなので、これはお互い様かなと思いつつも、夜19時ごろから始まったパーティーは22時を過ぎる頃にはお酒も入り大爆笑が飛び交う大騒ぎに。たまらずフロントにクレームの電話を入れました。

 たちまち静かになったので、会場を移したか解散したのでしょう。ほっとしました。すると、私たちの部屋のドアの下から、サッと何やら紙が一枚投げ入れられたのです。

 それがこれ。

 

 なんと!お詫びの印に上記サービスが受けられるとのこと。ちなみに、この裏は英語表記になっていて、そこに私たちの部屋番号や日付など記入されています。「言ってみるもんだね!」とオットと話し、ここはリゾート料無料を選ぼうか♪なんて言っていたのですが、チェックアウトの朝、いつものごとく大慌てで支度をしている最中、この用紙のことをすっかり忘れてそのままチェックアウトしてしまいました・・・。思い出したのは空港に向かう車の中。ちゃんちゃん。

 よくトリップアドバイザーなどの口コミサイトで、「隣がうるさかった」とかそういう理由で星を減らす人を見かけますが、きちんとフロントに伝えていればこのように保証してくれます。ちょっとしたトラブルなど、臆せず泣き寝入りせず、きちんと自分たちの意見を主張しましょうね^^

 

ベッドガードが、、、借りられない!?

△チェックイン直後の疲労困憊の娘、ではなく、ベッドの高さにご注目ください。

 

 小さな子供との宿泊では、転落防止のためにベッドガードのレンタルサービスがあると安心ですよね。ハイアットリージェンシーワイキキのベッドは、他のホテルより特に高さがあるので、なおさらです。去年(2016年10月)泊まった時、娘は1歳4ヶ月。ベッドガードの台数が少なく、最初の数日は借りられませんでした。寝てる間にごろごろ転がり、毎晩落ちて大泣きだったので私もぐっすり眠れませんでした。数日後にやっとベッドガードを借りられたので、それから私も熟睡できるようになりました。

 しかし、今年からは、ベッドガードの貸し出しをしていないんです!日本でもベッドガードとベッドの間に赤ちゃんが挟まってしまう悲しい窒息死事故が起こって問題になっていましたが、そういった事故がハワイでもあったのでしょうか。ハイアットではベッドガードのレンタルサービスを取りやめたそうです。そんなわけで、今年も娘は何度も落ちて、夜中に大泣きしていました。なにぶん、ベッドが高いので痛さもなおのことなのでしょう。一度打ち所が悪かったようで、顔に大アザ作っちゃいました^^;

 小さなお子さんと宿泊される際には、なにかと対策が必要です。我が家の心ばかりの対策は、①スーツケースを下に並べて少しでも高低差を減らす、②余っている枕や浮き輪をひく、③掛け布団を床に敷き、そもそも子供は下に寝かせる(去年試しましたが、やはり寝心地はよくないようですぐ起きる)、です。あまりに心もとない対策ですが・・・。

 ハワイ旅行から帰ってから、こんな商品を見つけました。

 浮き輪のように空気を入れて膨らませるタイプのベッドガードです。小さく折りたためるので、スーツケースの隙間に入れられます。旅行前にベッドガードのレンタルがないこととこのエアベッドガードの存在さえ知っていれば、娘も顔に青あざを作ることなく、私もぐっすり安心して眠れたことでしょう・・・

 

ウォーターサーバー

 以前は宿泊日ごとに毎日ボトルでお水をもらえたのですが、これからは、このリユーザブルボトルで自分で共用ウォーターサーバーまで水を汲みに行くスタイルになったようです。「ウォーターサーバーは衛生面で心配」という口コミもありましたが、みんなのハワイです。綺麗なハワイを守るためにも、エコにも積極的に協力したいですね^^

△各部屋に二本、このようなボトルが置かれています。これに水を汲みます。まれにオレンジジュースを入れたりカフェラテを入れたりしてプールに持ってきている欧米人もいましたが、私的にはちゃんと洗えるか疑問だったので水のみで利用してました。

 さあ、ボトルを持って水を汲みに行きましょう!

△各階の非常口階段の向かいに、、、

△「ICE」とかかれたコーナーがあります。ここにウォーターサーバー(兼製氷機)があります。

△左側は氷、右側はお水。

 

 お陰で滞在中は一度もお水を買わずにすみました。

 

帰りにプレゼントが♪

△チェックアウトの際、このぬいぐるみをいただきました。子連れだったので、子供へのプレゼントでしょうか^^

 

△ちなみにこちらが去年10月に宿泊した際、チェックアウト時にもらったおもちゃ。おなじみのあひるが何やらコスチュームを着ています。

 △ん?ハロウィンシーズンだからドラキュライメージ??未だになんなのか謎ですが。

オットと、「せっかくならチェックインのときにくれてれば遊べたのにね!」なんて言っていたのを思い出しました。

 

スポンサーリンク

あとがき

 ハイアットはフロントや従業員が無愛想だとか、そういった口コミも残念ながら見かけます。でも、私たちはが行った時はチェックインの際に担当してくれた女性スタッフが、「あなたたちのこと覚えてるわ!赤ちゃんが一緒だから特別よ」と目配せをして、11時過ぎ頃ホテルに着いたにも関わらず、即チェックインさせてくれ、しかも同カテゴリーの中で一番景色のいいハイフロアの部屋にアサインしてくれたりと、本当によくしてくれました。ハイアットには去年一度泊まっただけなんですが^^;

 子供連れということもあってか、従業員の方も、いつも笑顔で娘に話しかけてくれて、とても素敵なステイができました。もう我が家はハイアットびいきです。

 ベッドガードが借りられなくなっていたのは子連れには少し困るところではありますが、共用電子レンジが使えるのは非常にポイントが高いのではないでしょうか^^

 

 みなさまハワイで、ハイアットリージェンシーワイキキで、素敵なステイができますように。閲覧ありがとうございました^^

 

ハイアットリージェンシーワイキキ宿泊時に便利なお店も紹介しています。

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】宿泊者が徒歩圏内で便利に使るお店《7選》 - YOROZU KOSODATE

 

そのほかのお役立ち記事

▶︎【全店舗紹介】フードコートがアツい!ワイキキのフードコート《4箇所》まとめ - YOROZU KOSODATE

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】室内アメニティ〜2歳子連れハワイ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】クラブラウンジ大解剖〜2歳子連れハワイ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE