YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

美しすぎる…!もはや本物以上に本物っぽい【RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリー】を買った話

スポンサーリンク

 もはや本物以上に本物っぽいクリスマスツリー、RS GLOBAL TRADE(RSグローバルトレード)社のクリスマスツリー195cmを購入しました。出会い〜組み立て〜飾り付けまで、順にご紹介していきます。 

RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーは、こんなツリー!

 こちらにわかりやすい説明がありました。

人気の高いドイツのPlastiflor(プラスティフロア社)のクリスマスツリーが、2009年の工場閉鎖のために生産を終えました。 しかし、前社長の息子さんによって、2010年にRSグローバルトレード社のクリスマスツリーとして復刻されました。 現在は、ドイツでの生産が困難になり、タイに生産拠点を移し、クリスマスツリーは製造されています。

RSグローバルトレード社は、かつてプラスティフロア社の輸出部門でしたが、現在は独立し、ドイツにおける企画と品質管理のもと、ヨーロッパの市場向けの商品をタイなどアジアで生産しています。

【楽天市場】ドイツメーカー > RS Global Trade RSグローバルトレード社:木のおもちゃ ユーロバス

 はい。製造はタイですが、本物のモミの木のような作りで世界中で人気だったドイツのPLASTIFLOR(プラスティフロアー)社のクリスマスツリーを復刻したものです。細部まで再現されているので、RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーも本物のもみの木のようなのです!

 その秘密はずばりこれ!

△枝葉がグラデーション!このグラデーションが、本物のような立体感を生み出しているのです!お店でこのグラデーションを見た瞬間、もう一瞬で虜になりました。

 ちなみに、本物のもみの木はこちら↓

 もともともみの木は、地植えの何メートルにも及ぶ高さになってこそ、万人が思い描くようなクリスマスツリーのボリューム感が出ます。しかし、日本で買える本物のもみの木って、ちょっとスカスカな感じがしませんか?枝葉にばらつきもあります。それに、本物は暖かいところが苦手なので室内で飾るのは難しく、屋外で飾らざるを得ません。とはいえ、本物は香りがいいので、さすがにその部分では勝てないのですが。対して、RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーはボリューム感よし、バランス感もよし!「クリスマスツリー」と聞いてパッと思い描くツリーとしては、RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーは、もはや本物以上に本物っぽいと言えるのです!(あくまで個人的な感想ですヨ。あしからず。)

RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーとの出会い

△出会いは二子玉川にある玉川高島屋の本館5階、クリスマスグッズを多数扱うクリスマスショップでした。クリスマスショップなので他にも2m超えのツリーなど大きめなツリーもあったのですが、ひときわ目をひいたのがRS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーでした。

△本当は2m超えのものを探していましたが、こちらの195cmのものに一目惚れ!「う、美しすぎる…!」

 

・90cm

・120cm

・150cm

・195cm

・250cm

の5サイズ展開です。250cmともなると、なんとお値段9万円弱!ひょえ〜!

 

 さて。買うものも決まったことだし、、、と、その場では買わずに検索検索。。。私が探した時はどこのオンラインショップも玉川高島屋と同じ価格で販売していました。すぐにでも欲しかったのですが、高島屋の売り場から駐車場、自宅駐車場から玄関まで運ぶのも億劫なので、インターネットで購入しました。(ポイントもつくしね!)

 楽天市場ではツリーの専用収納袋をオマケでつけてくれる独自のサービスをしているショップもあったので、私はそちらで購入しました!("りとるまみぃ"というショップでしたが、195cmの2017年度分は完売してしまったようです。)

ツリー、届く。

 待ちに待ったツリーです!195cmの場合は2つの箱で届くとのことでしたが、やっぱりでかっ!そして、重っ!インターネットで購入して正解でした。

△測ってみたら、このダンボール、長さが104cmありました。

△収納時は、ツリーを解体してこのダンボールに戻せばいいのですが、なにしろ箱だけでも重い。私はオマケの収納袋を使おうと思うので、このダンボールは処分しちゃいます。でも、ダンボールはダンボールで、収納時に重ねたり立てたりしやすいのは利点ですね。

 クリスマスツリー専用の収納袋は、単体での販売もありますよ!

早速、組み立てる!

 さあ、早速、組み立ていきましょう!

取扱説明書

△箱の中に日本語の取扱説明書もしっかり入っていましたよ〜!195cmのものは、本体の木の部分が下段・中段・上段の三分割になっていました。

 

 はじめは枝葉がすぼまっていて、スカスカな印象です。そのため、「え?こんなに貧相な感じ?!」とやや心配になるかもしれません。でも、枝葉には一本一本針金が入っているので、その枝葉をしっかりと広げていくことでボリューム感が出てきます!

 ちなみに私は、三つのパーツを全て組み立ててから枝葉を広げたのではなく、土台に下段を設置→下段の枝葉を広げる→中段を重ねる→中段の枝葉を広げる→上段を重ねる→上段の枝葉を広げる、といったように、段ごとにしっかりと枝葉を広げながら組み立てを進めました。

組み立て完成!

△2歳児がちょこまかちょっかいを出してくる中、女性一人で15分ほどで組み立てが完成しました。よくあるクリスマスツリーと違って、枝の一本一本に入っている針金のおかげで、かなり自由に動きやボリューム感を出せます。しかし、この枝葉を一本一本広げていくという作業が案外重労働でして。気づけば冬に一人で大汗かいてました。笑

 

 最初のうちは、ビニールっぽいニオイが結構気になりました。これ、気になる人はかなり気になるかと思います。。。私は、組み立て中、結構辛かったです。すでに設置後4日経ちましたが、近くで嗅ぐとまだビニールっぽいニオイは残ってます。なくなってくれるといいのですが。

オーナメント類も購入!

 さあ、ここからが楽しいパートですよね!心踊ります!今回購入したオーナメントも併せてご紹介していきます。

オーナメント

 私はツリーと一緒に"りとるまみぃ"というショップで高島屋でチェックしていたオーナメントと同じものを購入しました。

ALBIN PREISSLER社のベツレヘムの星、大1個+小2個の計3個セット

△ベツレヘムの星は、金3個セット×2つ、銀3個セット×2つの計4つ(全部で12個)購入しました。

△4セット買ったので、ベツレヘムの星のおまけの小サイズのりんごが4つと、ツリーも買っているので多分その分多めに中サイズ1個、大サイズ1個のりんごオーナメントもおまけでつけてくれていました。高島屋より少しお安く買え、さらにおまけまでいただけちゃいました。「りんごん♪りんごん♪」と、2歳児喜ぶ。

△こちらは、"りとるまみぃ"ではすでに売り切れだったので、高島屋で購入。レース編みのスノーフレークが6枚入りで1900円(税抜)。意外や意外。存在感があるので、ツリーが華やかになります!収納時にかさばらないのも嬉しいポイント!とってもおすすめです!また来年も同じものを買い足そうと思います。

△はい。2歳児がすでに1枚どこかになくしました。。。レースといってもしっかりとした造りで、ぱりっとしています。これは本当に買ってよかった!私が購入したものは白×ゴールドですが、この他に、白×シルバー、白単色の計3種類あります。

△Amazonでの取り扱いはありませんでしたが、楽天市場の他のショップではまだ取り扱いがありますよ!ツリーが一気に上品なかわいらしさになります!

△こちらも高島屋にて購入。8cm大のサテンボールです。

トップスター

△195cmの大きいツリーに合わせるため、トップスターは大きさ重視で選びました!高さは30.5cm。電池式のLED内臓です!Amazonで買いました。この大きなトップスターを飾ることで、クリスマスツリーは全体で2m超えになります!

電飾

 「電飾はマストでしょ!」というオットのリクエストで、特に何も考えずAmazonでランキングの高かったこちらの電飾を購入。

 

追記:195cmのクリスマスツリーにぐるぐるとまいていくと10mでも少しもの足りなかったので、後日同じものをもう1つ追加購入しました!

△10mもあり、屋外利用もOK!電池でいいのでツリーからコードが出ないのが嬉しいです。リモコンで細かく調光できるし、イルミネーションの点灯バリエーションも豊富です。タイマー機能もついています。電池(単三電池3つ)は別売りですのでお買い忘れなく〜!

 

実は、あまりよく確認しないで買ってしまったのですが、届いた商品を見て気づきました。

 

・・・線が色ってどうなの?

 

クリスマスツリー用の電飾って、導線が目立たないようにクリアタイプとか、ブラックタイプとかもあるんですね。結果、我が家は間接照明が多い家なので導線が銅色でもあまり目立ちませんでしたが、蛍光灯っぽい地明かりがメインのお宅であればやはり気になるかもしれませんね。

△遠目で見ると気になりませんが、昼間に近くでよーく見るとやはり導線が気になります。

 

しかし、タイマー機能が思いのほか大変便利でした!例えば一度17時にスイッチをオンにすると、6時間後の23時に自動的にスイッチが切れ、翌日からはスイッチを押さなくても自動的に毎日17時に自動的に点灯します!もちろんタイマー機能を使わずに常に点灯させることも可能ですよ!今となっては買ってみて本当によかったなと思っています。

いよいよ完成!!

 さて!ついに完成しましたよ!飾ったそばから2歳児がオーナメントを取って行くというハンデがあるなかでの完成形です。笑

△、、、って、クリスマスツリー本体だけではなく、飾りつけまで玉川高島屋のクリスマスショップで一目惚れしたあのツリーにかなり引っ張られてます。笑 とは言え、ゴールドとシルバーを基調にした今回のシンプルな飾り付けに、本人なりに満足です。まあ、また下の方のオーナメントはすぐに2歳児にどこかに持って行かれてしまうのですが。。。

RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーのデメリットは?

 あえてデメリットを挙げるとすれば、やはり、ビニールっぽいニオイですかね。ニオイに関しては、なくなっていくかどうか後日また追記していけたらと思います。

追記:ビニールっぽい匂いは、10日ほどで「あれ?そういえばどんな匂いだったっけ?」と、気にならなくなりました!これで来年からは組み立ての時もビニール臭さに耐える必要がなくなりました!

 

 あとは、収納時が大変かどうかですね。組み立ては簡単でしたが、収納の際、広げた枝葉を小さくまとめるのが大変かどうか。これについてもクリスマス終了後になってしまいますが、追記できればと思います。

追記:片付けは、組み立て以上に簡単でした!そのコツは、ずばり◯◯!さらに、イタリアではクリスマスツリーをしまう日が決まっているのをご存知でしたか?クリスマスツリーをしまう日についても詳しく記事にしています。

▶︎もはや本物以上に本物っぽい【RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリー】は片付けも簡単・コンパクトで優秀だった! - YOROZU KOSODATE

あとがき

 「どうせしまう場所もないし」と、我が家にはクリスマスツリーがありませんでした。でも、娘が2歳になり、街のイルミネーションを見るたびに「ぴかぴか!ぴかぴか!きれ〜ね〜!」とはしゃいでたので、そろそろ買い時かな?とオットと話し、ステキなツリーを探していたのがRS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーとの出会いです。これから何年も何年も大事に使っていきたいと思えるとーっても素敵なツリーに出会えてよかった!おうちでも「ぴかぴか!ぴかぴか!」と娘がはしゃいでいます。そう、娘よ、クリスマスってこんなにわくわくして、こんなに楽しいんだよ!毎年変わらないツリーに、年々成長していく娘。そんな対照的な二つに想いを馳せて、ちょっぴりおセンチになった私なのでした。このツリー、本当に買って(正確には、オットに買ってもらって)よかったです!