YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

もはや本物以上に本物っぽい【RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリー】は片付けも簡単・コンパクトで優秀だった!

スポンサーリンク

以前こちらでご紹介した、もはや本物以上に本物っぽいRS GLOBAL TRADE(RSグローバルトレード)社のクリスマスツリー。今回は、このクリスマスツリーをしまう手順について記事にしていこうと思います。このツリーとの出会い〜組み立て〜飾り付けまではこちらをご覧くださいね!

▶︎美しすぎる…!もはや本物以上に本物っぽい【RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリー】を買った話 - YOROZU KOSODATE

クリスマスツリー専用収納袋

私はRS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーを、りとるまみいというお店でインターネットで購入しました。その店舗で購入すると、クリスマスツリー専用の収納袋がサービスでついていたからです。私は195cmのものを購入していたので、収納袋が2つもおまけでついてきました♪

丁寧に収納のコツまで書かれていたので、片付けの際にこちらを参考にさせていただきました。

↑これと同じものがおまけで2つついてきました♪はじめからこれにツリーを収納するつもりでいたので、購入時の段ボールは、梱包を開けるとともに破棄しました。

1.それでは、解体します!

△195cmのものは、下の段(写真左)、上の段(写真中央)、中央の段(写真右)の3つのパーツと土台からなっています。

△それぞれのパーツの足の部分に、購入時についていたキャップをしていきます。

2.枝をコンパクトにまとめます

りとるまみいさんからいただいた片付け方のコツには、

入れる前にできるだけ小さくなるように畳んでください。

ヒモなどでしっかり結んで頂くと、さらに扱いやすくなります。

と書かれていました。

早速、枝をコンパクトにまとめていきます。

クリスマスツリーの組み立ての際は、この枝を広げていく作業が結構大変で真冬に大汗かきながら作業していたので、「しまう時はどうなるのだろうか・・・」と心配していた部分も実はありました。

しかし!!意外や意外!枝をコンパクトにまとめるのはとーっても簡単でした。

そのコツは、、、

 

ハグ!

 

です。

我が家のクリスマスを素敵に彩ってくれてどうもありがとう♡」の気持ちを込めて、それぞれ3つのパーツをぎゅっとハグしていきます。

△ぎゅっとハグをするだけで、あっという間にコンパクトにまとまりました。

△中央部分のパーツが一番ボリュームがあったので、これだけ紙紐で結んでみました。もちろん、ここでも「ありがとう♡」の気持ちを込めて可愛く結びます。

3.収納袋にしまう

りとるまみいさんからいただいた片付け方のコツには、

2分割のツリーの場合は、まず1本目のボリュームのある上部を先に底まで入れ、隙間から2本目を滑り込ませるように入れてください。

と書かれていました。

195cmの場合は3つのパーツに分かれているので、2つのパーツを一つ目の収納袋に入れ、残りの1パーツを二つ目の収納袋に入れることになります。

△この、ハグをしてコンパクトになった状態の下の段(写真左)と上の段(写真中央)の2パーツを一つ目の収納袋に入れ、一番ボリュームのある中央の段(写真右)の1パーツを二つ目の収納袋に入れました。

実は、土台も一緒に収納したい・・・と思い、一つ目の収納袋に2つのパーツを入れる前に、収納袋の底の部分に土台を入れました。そのあとに2つのパーツを入れましたが、問題なく収まりました!

△左側には土台・下段・上段、右側には中央の段が入っています。

コンパクトでいい感じ♪

下段・上段も紙紐で結んでいたら、左側の収納袋ももっとコンパクトになっていたと思います。

△収納袋には、スナップボタンがついていました。これがあるのとないのでは大違いだと思います!本当に便利でいい仕事をしてくれました!

クリスマスツリーの片付け方にも裏技がある!?

実は、クリスマスツリーを簡単にしまう裏技があるのをご存知でしたか?それは、オーナメンとや電飾をいちいち外さずに、そのまま飾りごとしまってしまうというもの!次の年も、そのまま飾られた状態のツリーを出すだけなので、飾り付けさえ簡単にできてしまうのです。

…でも、それって、同時に飾り付けの楽しみまで奪ってしまうような気がするのは私だけでしょうか(笑)

そもそも、RS GLOBAL TRADE社の195cmのクリスマスツリーの場合は、3つのパーツに分かれているので、電飾を飾ったまま収納するというわけにはいきません。今回は、電飾はもちろん、オーナメントも全て外して、クリスマスツリーのそれぞれのパーツにぎゅっとハグをしながら「ありがとう」の気持ちをこめて解体していきました。もはや、クリスマスツリーを飾る時以上にどんどんこのツリーへの愛着がわいてしまいましたよ!(笑)

簡単にしまうことのできる裏技もいいですが、RS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーをお持ちの方は、是非このしまう際のハグを通して、ツリーへの愛をより深めてくださいね♪

いつ片付ける?

日本では12月25日を過ぎると街は一気にお正月ムードに突入して、クリスマスの飾りが一掃されることが多いですよね!子供のころから、クリスマスの翌日からが無性に寂しく感じたものです。

実は、オットはイタリアの家系でイタリア国籍です。イタリアでは、クリスマスツリーを飾る日もしまう日も決まっているのをご存知でしたか?イタリアでは、クリスマスツリーを飾るのは12月8日クリスマスツリーをしまうのは1月6日と決まっています。そのため、今年は我が家も1月6日にクリスマスツリーを片付けました。

ちなみに、この1月6日はイタリアではBefana(ベファーナ・魔女の名前)と呼ばれていて、クリスマスの次に子ども達が楽しみにしている日でもあります。この日は、前年によい子だったら素敵なプレゼント(お菓子)が、悪い子だったら靴下の中に炭が送られることになっています。え、炭って・・・(笑)まあ、暖炉がある家ならリアルに便利ですが(笑)とはいえ、お店ではお菓子のセットの他、炭に見立てた黒いお菓子なども売られています。なんともユニークですよね!

クリスマスツリーって、飾るのは楽しいけどしまうのは面倒くさい・・・そんなイメージを持っている人も少なくはないと思います。しかし、イタリアのBefanaはしまう日までみんなで楽しめちゃう!それってとってもいいなと思いました。日本でもこのBefanaが定着したら、クリスマスツリーをしまう日もみんなでわいわい楽しめていいですよね!

ちなみに、オットのハハは日本とドイツのクオーター。でも、お正月に実家に行くと、立派なお手製のおせち料理がお重に詰められずらりと並びます。室内にはお正月飾りとともに、立派なクリスマスツリーも大きなリースもまだまだ飾られています。お正月飾りとクリスマスツリーは合わない・・・なんてことはないです。それを言ったら、一昔前なんて畳の部屋にクリスマスツリーを飾っていた家だって多かったはずです。畳とクリスマスツリー・・・そんな異文化同士のコラボをたやすく受け入れてしまう日本人のおおらかさったら!そんな日本人ですから、お正月過ぎまでクリスマスツリーを飾っていたって、ぜーんぜんおかしくないのになと思ってしまいます。

12月25日を過ぎてそろそろクリスマスツリーを片付けようかな?と思っている方は、是非イタリアのBefanaのことを頭の片隅に思い出してみてくださいね!片付けが面倒だな・・・と感じている方は、イタリアのBefanaのように、クリスマスツリーをしまうこと自体を楽しめるイベントにしてしまってはいかがでしょうか^^

あとがき

我が家にやってきた、もはや本物以上に本物っぽいRS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリー。本当にいい出会いだったなと感じています。まさか、片付けを通してより愛着が増してしまうなんて思ってもみませんでしたが(笑)

飾り付けの際は枝を広げるのに少々苦労しましたが、それが嘘のように片付けはいとも簡単に終わってしまいました。おまけでいただいた収納袋が優秀だったのもあると思います。購入時の段ボールに収納するとなると、段ボール自体の重さがあるので扱いづらかったのではないかと思います。収納袋が何年持つかはわかりませんが、購入時の段ボールにしまっていたとしても、段ボールも年々劣化すると思いますので、私は収納袋での収納に今のところ満足しています。

簡単・素敵・コンパクトに収納できた195cmのクリスマスツリー。また次のクリスマスシーズンにこの愛着が増したRS GLOBAL TRADE社のクリスマスツリーを飾れるのが待ち遠しいです。