YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

【ザ・プリンスヴィラ軽井沢】滞在中何度でも食べ放題飲み放題!無料で使えるセンターハウスラウンジのサービスが嬉しすぎる!〜2歳子連れ国内旅行記〜

スポンサーリンク

【ザ・プリンスヴィラ軽井沢】の宿泊者が利用することのできるセンターハウスラウンジについてレポート致します。

※場合により、【ザ・プリンス軽井沢】のスイートルーム宿泊者でもセンターハウスラウンジを利用出来るプランが出ていることもあります。

《おすすめ記事》

▶︎【ザ・プリンスヴィラ軽井沢】メゾネットスパ(キッチン&温泉露天風呂付き)客室レポート〜子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎ 【軽井沢プリンスホテル】リニューアルしたフィットネスルームをレポート!〜子連れ軽井沢旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【グランクラス】陸のファーストクラス!北陸新幹線はくたか・あさま乗車記(東京ー軽井沢)〜赤ちゃん連れ・子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

センターハウスラウンジ概要

サービス提供時間 《7:00-22:00》

時間ごとに、朝食やオードブルやおつまみなどの軽食、アルコール類を含むドリンク類が提供されています。滞在中は、無料で何度でも利用できます。

モーニングタイム

提供時間 7:00-10:00

セミブッフェスタイルの朝食です。和食と洋食が交互に日替わりになっています。

ティータイム

提供時間 10:00-17:00

ケーキやクッキー、和菓子の他、スープやホットミールが用意されています。

サンセット&ナイトタイム

提供時間 17:00-22:00

オードブルやおつまみの他、スープやシチューなどのホットミール、いなり寿司、焼きおにぎりなどの軽食が用意されています。

センターハウスラウンジ外観

△センターハウスラウンジ外観

チェックインの手続きなどもここで行います。

△センターハウスラウンジの車寄せには、プリンスヴィラ宿泊者の専用送迎車が待機しています。

△専用送迎車は、軽井沢駅やプリンスホテル内の移動の他、スキー場やアウトレットにも送迎してくれます。なお、アウトレットに行く場合は、「GUCCIの前」「スタバの前」など、行きたいお店の目の前まで連れて行ってもらえます。もちろん、帰りも希望の場所まで電話一本で迎えに来てくれます。(プリンスリゾート外の飲食店等への送迎は行なっていません。)

センターハウスラウンジ内

△奥にある部屋は17:00以降は喫煙室になります。17:00までは更衣室として利用できるので、チェックイン日にホテルに早く着いた場合でも、こちらで着替えてチェックイン前からスキーやスノーボードを楽しむこともできます。

△奥のテーブル席も自由に使えます。

ドリンクサービス(常時提供 7:00−22:00

センターハウスラウンジでは、常にドリンク類やアルコール類が提供されており、営業時間内に何度でもセルフサービスにて利用できます。

まず初めに、各サービスタイムに共通で提供されているドリンクメニューをご紹介いたします。

△長野メルロー&カベルネ(赤ワイン)

△アルコール各種

△スパークリングワイン、ワイン、日本酒、ビール、アルコールフリービール、コーラ、ジンジャエール、ウーロン茶

△緑茶、オレンジジュース、りんごジュース、トマトジュース、水、ペリエ、トニックウォーター

△Mighty Leafのティーバッグ各種と日本茶各種

・オーガニックダージリンエステート

・オーガニックブレックファスト

・アールグレイディカフェ

・チョコレートミントトリュフ

・カモミールシトラス

・オーガニックアフリカンネクター

・煎茶

・玄米茶

・ほうじ茶

△エスプレッソマシーン

軽井沢ミカドコーヒーのコーヒー豆使用です。

朝食(提供時間 7:00-10:00

セミブッフェスタイルです。

朝食は二部制(7:00開始 or 8:45開始)です。以前は二部制ではなく何時でも大丈夫だったので、時期によって変わるのかもしれません。

洋食と和食の日替わりブッフェです。洋食の翌日は和食、その翌日は洋食というように交互になっています。

和食

日替わりの魚料理」と和食ブッフェです。

テーブルに着くとまず、魚料理はいくつご用意しますかと尋ねられるので、必要な数をオーダーします。魚料理に厚焼き玉子が添えられ、お皿に盛られた状態でテーブルまで運んでもらえます。

私が利用した日は、「カレイの煮付け」でした。(写真を撮り忘れました…)

△りんごジュース、ももジュース、ぶどうジュース

こちらのジュースは朝食時のみ提供されています。

△みかん、ミックスリーフ

△フレンチドレッシング、イチゴドレッシング、和風ドレッシング、柚子味噌、甘味噌、くるみ味噌

△ひじき煮、きんぴらごぼう、筍土佐煮、切干大根、アメーラトマト

△肉じゃが、若鶏八幡巻

△湯豆腐(トッピングに小ねぎや生姜、ポン酢もあります)

△ふき味噌、イカ塩辛、数の子松前漬け、とろろいも、明太子

△しらす干し、笹かまぼこ、春菊のおひたし

△焼き海苔、梅干し、きゅうりの漬物、赤かぶ甘酢漬け、野沢菜漬け、山葵漬け、晩菊漬け

△しじみ味噌汁、お粥、ご飯(五郎兵衛米)

△パン各種

パン各種は、朝食の時間が終了してもラウンジの営業時間中は常に提供されています。

△バター、蜂蜜、リンゴジャム、ブルーベリージャム

△ヨーグルト、飲むヨーグルト、信州安曇野牛乳、トロピカルヘルシードリンク

△ミニシリアル各種

△メロン、パイナップル

洋食

卵料理」と洋食ブッフェです。

卵料理は、オムレツか目玉焼きから選びます。オーダーすると、ソーセージとベーコンが添えられ、お皿に盛られた状態で席まで運んでもらえます。(こちらも写真なしです…)

△ミックスリーフ

△大根とホタテスモークのサラダ、エビとアボカドのサラダ、モロッコインゲン、生チーズ、アンディーブ、紅芯大根、ブロッコリー、アメーラトマト

△フレンチドレッシング、イチゴドレッシング、和風ドレッシング、柚子味噌、甘味噌、くるみ味噌

△ジャンボナメコと豆腐の味噌汁、ご飯(五郎兵衛米)、野沢菜漬け、赤かぶ甘酢漬け

△シーフードカレー、ジャガイモとアンチョビのグラタン

△温野菜、スクランブルエッグ

△熟成軽井沢ロースハム、粒マスタード、つぶ野菜入り信州生まれのケチャップ

△パンプキンスープ

△パテ、スモークサーモン

△パイナップル、メロン、りんご

 

この他、パン各種・ジュース・ヨーグルト類・シリアルは上記の和食の日と同様の内容です。

ティータイム(提供時間 10:00-17:00

スナックやホットミールが提供されています。

ホットミールとサラダは14:30頃に一度さげられてしまいます。

△ケーキ各種(ブロンドショコラ、抹茶スフレケーキ)

△ケーキ各種(ショートケーキ、フレーズシトロン、クレームブリュレ)

以前はこの他に、プリンスホテル内のカフェで有料で提供されているケーキメニューやタルトも日替わりで提供されていたのですが、それはなくなってしまったようです。

△和菓子(山茶花・水仙)、ミニマカロン(ストロベリー)

マカロンは、ピスタチオ味やフランボワーズ味の場合もあります。

以前は和菓子だけでも5種類くらいあったので、少し寂しくなってしまいました。

△厨房の中にいるシェフにお願いすると、上記のメニューをその場で作って提供していただけます。もちろん、無料です。贅沢♪(パンケーキ、おやき、バニラアイス、レモンシャーベット、ストロベリーアイス)

△パンケーキ用のシロップを選びます。(ミックスベリーソース、マンゴーソース、メープルシロップ)

△くるみ、パステルアーモンド、チップチョコビター&ホワイト

△玄米チョコクッキー、パンプキンクッキー、チョコマーブルクッキー、紅茶クッキー

△モロッコインゲン、ミニトマト、紅芯大根、ミックスリーフ、ドレッシング3種

△軽食(コーンスープ、チキンのトマトクリーム、サフランライス)

△盛り付け美しくないですが^^;

軽食というか、、、立派な昼食ですよね。この日はここで軽く昼食を済ませてしまいました。

△メロン、ドラゴンフルーツ

△フルーツは日替わりで、りんごやいちごの場合もあります。

△パン各種もあるので、軽い昼食ならここで十分です。

サンセット&ナイトタイム(提供時間 17:00-22:00)

オードブルやおつまみ、軽食が提供されています。

ビーフシチューやブイヤベースなど、軽食というにはもったいないほどのホットミールが用意されています。

△スモークサーモンのフリヴォリテ、鴨とイチジクのパイ包み、イカ刺松前漬け

△ビーフシチュー

△ゴボウのスープ

△焼きおにぎり

△クラッカー2種、いなり寿司、ミモレットチーズ、カマンベールチーズ、サラミ、オリーブ

△いちご

フルーツは日替わりです。

 

この他に、パン各種とティータイム時に提供の和菓子やクッキー等もあります。

____________

 

以下、別の日の軽食メニューです。

△魚介のブイヤベース

△イカ刺松前漬け、鴨赤ワインマリネ、ニシンのワイン煮

△コンテチーズ、サンタンドレ、生ハム、オリーブ

△ゴボウのスープ

あとがき

常に新鮮なフルーツが用意されており、フルーツが大好きな私と2歳の娘は、ショッピングやお散歩でこちらに通りかかるたびに立ち寄ってお茶していました。簡単な昼食や夜食をとることもできるので、滞在中は常にこちらのセンターハウスラウンジに入り浸りでした。笑

朝食は和食と洋食が交互なので、両方楽しめるように2泊以上宿泊するのがおすすめです!ティータイムとサンセット&ナイトタイムの軽食は、軽食と呼ぶにはもったいないほどのしっかりとしたホットミールが提供されますので、是非召し上がってくださいね!

 

《おすすめ記事》

▶︎【ザ・プリンスヴィラ軽井沢】メゾネットスパ(キッチン&温泉露天風呂付き)客室レポート〜子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎ 【軽井沢プリンスホテル】リニューアルしたフィットネスルームをレポート!〜子連れ軽井沢旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【軽井沢プリンスホテルスキー場】3歳以下でも楽しめる!イーストスノーパークレポ〜子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【グランクラス】陸のファーストクラス!北陸新幹線はくたか・あさま乗車記(東京ー軽井沢)〜赤ちゃん連れ・子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【箱根ハイランドホテル】温泉露天風呂付き客室宿泊レポート!〜2歳子連れ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE