YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

【ハイアットリージェンシーワイキキ】赤ちゃん連れ宿泊で感じた【メリット】〜赤ちゃん連れハワイ旅行〜

スポンサーリンク

 前回の記事では、ハイアットリージェンシーワイキキに宿泊した際に感じたデメリットを子連れ目線でお伝えしました。(ハイアット愛があってこその記事ですよ♡)

▶︎ 【ハイアットリージェンシーワイキキ】赤ちゃん連れ宿泊で感じた【デメリット】とその対策〜赤ちゃん連れハワイ旅行〜 - YOROZU KOSODATE

 しかし、こんなデメリットがあったとしても「また泊まりたい!」と思える魅力がハイアットリージェンシーワイキキにはあるのです。今回は、素直にメリットに焦点を当ててお伝えしていきたいと思います。

《おすすめ記事》

▶︎【全店舗紹介】フードコートがアツい!ワイキキのフードコート《4箇所》まとめ - YOROZU KOSODATE

▶︎【ハイアットリージェンシーワイキキ】宿泊者が徒歩圏内で便利に使るお店《7選》 - YOROZU KOSODATE

▶︎おむつや離乳食はここで買う!in Hawaii〜赤ちゃん連れハワイ旅行〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎子連れハワイでUberが便利すぎる!しかし注意点も。〜子連れハワイ旅行〜 - YOROZU KOSODATE

室内が新しくてキレイ!

2015年に全面改装が完了したハイアットの客室。室内はモダンで清潔感があります。赤ちゃんはどこであろうとお構い無しにハイハイをしたり寝っ転がったりするので、客室の絨毯は古いより新しい方がいいに決まっています!

日本語専用電話が使える!

客室内の電話には、【日本語専用ボタン】がついています。海外のホテルでは、フロントや客室係に何かお願いしたいことがあっても、「ちょっと困ったな〜こういうとき英語でなんて言うのかな〜」と、尻込みしてしまうこともありますよね。そんなときは、迷わずこの日本語専用ボタンを押してください!繋がるまでに少し待つこともありますが、日本人スタッフが電話口に出て対応してくれます。

しかし!たまに普通に英語のスタッフが出る場合があるので(笑)、一応心構えだけはしておいてください!

電子レンジが使える!

部屋に電子レンジはついていませんが、3階にあるハイアットパントリーというコーナーで共用の電子レンジを使うことができます。 テイクアウトしたお料理の温めなおしほか、離乳食の温めや、フタもレンジ対応のタッパなどを日本から持参すれば、工夫次第で温野菜調理や簡単な離乳食も作れます。電子レンジだけでなく、お皿やカトラリーも使っていいんですよ!

こちらの記事に詳しく書いています。

参考:【ハイアットリージェンシーワイキキ】コインランドリーなどお役立ち情報〜2歳子連れハワイ旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

コインランドリーでクレジットカードが使える

△写真左:両替機 写真右:洗剤と柔軟剤の自動販売機

ダイアモンドヘッドタワー4階には宿泊者が使えるランドリールームがあります。ここにあるコインランドリーでは、クレジットカードを使えます。これ、地味に便利なんです!ハワイのコインランドリーは、大抵どこもクレジットカード未対応で25セントコインしか使えません。洗濯機3ドル+乾燥機3ドルの計6ドルをコインで払おうと思うと、なんと24枚もの25セントコインが必要になるのです!クレジットカードが使えるので、25セントコインを用意する必要がないのでとってもラクです。「でもクレジットカードは使いたくないし…」という方もご安心を!ハイアットリージェンシーワイキキのランドリールームには両替機(写真左側)もありますので、フロントに両替をお願いしに行く必要もなく25セントコインを簡単に用意できます!他のコンドミニアムではコインランドリーが2.5ドルで使えたりもするところもありますので、それに比べればややお値段は高めになってはいますが、そこはもう割り切って便利に使わせてもらっています。

プールエリアに屋根付きの温水ジャグジーがある

あいにくハイアットリージェンシーワイキキのプールは水温が低めです。しかし、同じエリアに温水のジャグジーがあります。しかも嬉しい屋根付き!屋根があるので強すぎる日差しも突然の雨もしのぎながらジャグジーでゆったりと過ごすことができます。冬でもプールサイドを楽しみたい!そんな時は、無理に冷たいプールに入らずにジャグジーでのんびりしてみるのはいかがでしょうか。

立派なスポーツジム!

ホテルによってはスポーツジムが併設されていても、トレーニングマシーンの種類が少なかったり、ありえないほど古い機材だったり・・・ということもあります。しかし、ハイアットリージェンシーワイキキ3階にあるスポーツジムは、トレーニングマシーンも充実しており、かなり大満足なトレーニングができます。(ウエイトトレーニングが趣味のオット談。)24時間利用できますので、時間を気にせず利用できるのも嬉しいですね。

豊富なイベント!

イベントの充実っぷりは大型ホテルならではですね!

ワイキキファーマーズマーケット

毎週/火曜日・木曜日/16:00-20:00

1階のフロア全体で開催されるファーマーズマーケットには、宿泊者以外の旅行者も数多く訪れ、賑わいをみせます。切りたてのカットフルーツのパックや、手づくりアイスクリーム、マラサダ、クッキー、パン、ナッツ類といった食べ物のほか、アクセサリーや地元アーティストによるクラフト作品などハワイを感じるショップが多数出店しています。手作りアイスはフレーバーの種類が豊富でとーってもおすすめです!コナコーヒーアイス、美味しかったな♡買ってきたアイスを部屋でのんびり楽しめるのは宿泊者ならではの特権です♪

ハイアットリージェンシー アロハフライデー

毎週/金曜日/16:30-18:00

ハイアット・リージェンシーの1階中央(滝の前)で行われる無料イベント。フラショーやレイメイキング、タトゥー体験(ポリネシアンタトゥーをマジックで書いてくれるサービス)など、ハワイを目一杯感じられる体験型のイベントです。翌日が友人の結婚式だったので、この日作ったレイを娘につけて参加しました。もちろん料金無料です♪フラショーでは、見学者の中から希望者が前に出て、5分ほどのミニレッスンを受けられるコーナーもあります。

ショッピングセンター併設なので、強い日差しを避けてショッピングセンター内でお散歩ができる。

ハイアットリージェンシーワイキキは、1階と2階部分が小さなショッピングセンターになっています。ショップ数は少なめではありますが、1階にはオウムがいたり、滝や植栽があったりして、赤ちゃんと簡単なお散歩をするには十分です。去年(2016年)娘が当時1歳4ヶ月で宿泊した際は、ちょうど歩くのが楽しくて仕方ない時期だったので、滝の前を行ったり来たりしたり、1階中央から2階のロビーにつながる長い階段を延々登ったり降りたりしていました。

ハワイの強い日差しを気にせず、ベビーカーに乗せてお昼寝させることもできますし、よちよち歩きの赤ちゃんのいい気分転換や運動にもなります。もちろん、自分自身の気分転換にも◎

ホテル内にABCマートがある。

ハワイといえばABCマートですよね!ABCマートはワイキキのいたるところで見かけることができますが、なんとハイアットリージェンシーワイキキにはホテル内に3箇所もABCストアがあるんです!3階のABCストアはプールの前にあるので、ドライフルーツやココナッツウォーターを買ってそのままプールサイドでつまんだりもできますよ。浮き輪やアームリング(子供用の腕につける浮き輪)も購入できます。

なお、常時観光客でにぎわうワイキキですが、夜遅くにもなると突然治安が悪くなります。「ちょっとそこまで」と思うような距離であったとしても、夜になってから安易に女性のみや単独で街中に出かけるのはあまりおすすめできません。夜にホテルから出ずに飲み物や簡単な食事などが買えるのは、利便性だけではなく、治安の面でみてもありがたいものなのです。

・ABCストア(ダイヤモンドヘッドタワー1階)⇨毎日6:30-0:30

・ABCストア(エバタワー1階)⇨毎日6:30-0:30
・ABCストア(ダイヤモンドヘッドタワー3階)⇨毎日6:30-23:30

使えるスーパー"フードパントリー"が近い。

ワイキキの旅行者がよく訪れ親しまれているスーパー、フードパントリー。 野菜やフルーツなどの生鮮食品、サンドイッチやお惣菜などの軽食、おむつやベビーフード、サランラップやタッパーなどのキッチン用品や水遊びのおもちゃ、それにお土産も買えます。地元のスーパーでのお買い物は、ロコ気分でとっても楽しいです。そんな便利なフードパントリーは、ハイアットリージェンシーワイキキから歩いて5分!さっといける距離なので、思い立った時に簡単に行けるのが嬉しいです。

朝6時から夜中の1時までと営業時間が長いのも魅力ですが、フードパントリー付近は夜遅くなると特に治安が悪くなりますので、絶対に女性のみや単独で行かないようにしてくださいね!

フードパントリー入り口に入っているハイステーキというテイクアウトのプレート料理やさんも、手軽で美味しいのでオススメですよ。

Food Pantry Waikiki Kuhio

2370 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国

+1 808-923-9831

6:00-25:00

付近にフードコートが充実していて食事に困らない。

以前までワイキキにはフードコートはロイアルハワイアン内に一つあるだけでしたが、近年ワイキキはフードコートブームでハイアットから徒歩圏内の中に4つものフードコートができました。中でも、2017年5月にオープンしたばかりのインターナショナル・マーケット・プレイス1階にあるフードコート「ザ・ストリート」には、ハイアットリージェンシーワイキキからはなんと徒歩3分で行けてしまいます!もちろん付近にはフードコートだけでなく手軽に使えるプレートランチ店なども充実しているので、コンドミニアムじゃなくても本当に食事に困らないです!

参考▶︎【全店舗紹介】フードコートがアツい!ワイキキのフードコート《4箇所》まとめ - YOROZU KOSODATE

クヒオビーチが近い。

クヒオビーチは、入り江になっているのでワイキキビーチよりも波が穏やかです。それに、ワイキキビーチよりも混み合っていないので、子供連れの私たち一家にはちょうどよく、ハイアットリージェンシーワイキキに宿泊した際にはいつもクヒオビーチに行っています。

クヒオビーチは、ハイアットリージェンシーを出てカラカウア通り沿いをホノルル動物園方面に3分くらい歩いたところから始まっています。

※冬のあいだは水温低めで海に入るのはおすすめ出来ません。

 

 なお、クヒオビーチ近くのクヒオ通り沿い(ビーチ側)には屋根付きのベンチと椅子がありますが、あそこはホームレスがいたり昼間から酔っ払ってケンカしている人もいたりするので、近づかない方が無難です。 

ワイキキ動物園が近い。

ワイキキ動物園も徒歩圏内です。ハイアットリージェンシーワイキキからは徒歩10分もかからずに行くことができます。ワイキキ動物園に向かう途中にはスターバックスもあるので、スタバ片手にのんびり広〜い園内を歩くのもいいでしょう。ワイキキ動物園では、曜日ごとに開催されるエサやり体験などをすることもできますよ。

 

あとがき

私がメリットを挙げるまでもなく、立地の良さからたくさんの旅行者に人気のあるハイアットリージェンシーワイキキですが、立地の良さ以外にも共有の電子レンジを使えるなどのいい点があると感じましたので、今回改めて記事にさせていただきました。

みなさま、ハイアットリージェンシーワイキキで素敵なハワイ旅行をお楽しみくださいね。閲覧ありがとうございました^^