YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

【サンルートプラザ東京】洋食ディナーバイキングを【全品】写真レポート!満足度はいかに?!【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】

スポンサーリンク

【サンルートプラザ東京】で洋食ディナーバイキングをいただきました。お食事全品写真レポートと、大人4人+2歳児1人の家族4世代、合計5人で利用した感想をまとめます。(2018年5月現在)

《おすすめ記事》

▶︎【サンルートプラザ東京】《最上階でのこだわり朝食》ワンランク上のブッフェを【全品】写真レポート【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】 - YOROZU KOSODATE

洋食ディナーバイキング概要

営業時間 ディナー17:00~21:30

会場 サンルートプラザ東京1階 洋食バイキングレストラン 「オールデイダイニング カリフォルニア」

料金 大人 4,300円(平日)・4,500円(土日祝)/小学生 2,600円/4~6歳 1,600円/3歳以下 無料

(料金は2018年9月現在)

 

ディナーバイキングでは、シーズンごとにテーマに沿ったバイキングメニューが用意されています。

私が行った時は、《千葉・春の房総フェア&シーフードグルメフェア 2018年4月16日(月)~5月31日(木)》の開催期間でした。

(画像:公式HPより)

さあ、どんなお料理がいただけるのでしょうか!

ライブキッチン

シェフが目の前で調理してくれるコーナーです。

天使の海老と帆立貝とロブスターの鉄板焼き

こちらのお料理は「お一人様一皿限定」とのことでした。

▲シェフ特製のソースも濃厚で、魚介とからんでとっても美味しい!…のですが、、、ロブスターは、手前にある一口サイズのみ。もはや、半口サイズです。

アメリカンビーフステーキ2種類の部位食べ比べ

日ごとに2種類の部位が用意されているようです。この日は「サーロインステーキ」と「ザブトン」。お好みの部位と量を伝えると、目の前でシェフが焼いてくれます。

▲ステーキ用トッピング(ガーリックチップ、ホースラディッシュソース、フレンチマスタード、和風ソース)

千葉県産真だことはまぐりのアヒージョ

味は美味しいのですが、タコが固すぎて噛んでも噛んでもなくならない。もはや苦行でした。。。

勝浦式オリジナルタンタンメン

 シェフが目の前で作ってくれます。ファミリー向けのためか辛さが控えめなようで、お好みでラー油を追加して食べるようになっています。

フカヒレスープ

ホットミール

▲春キャベツと豚肉の炒め物

▲帆立貝のピカタ

▲ポテトと新玉ねぎのジャーマン コーンビーフ風味

▲旬の野菜と若鶏 ココナッツカレー風味

▲フライドチキン ソルトテイスト(ねぎソース、タルタルソース、レモン塩)、目鯛のソティー 千葉県産はまぐりのソースで

▲豚トロと青菜のピラフ

▲千葉県産魚介を使ったシーフードカレー

シーフードカレー大好き!

▲オニオンカレー、白米(つや姫)

なんと、カレーが2種類!辛さレベルが書かれているのはわかりやすくていですね!

▲カレーのお供(フライドオニオン、ピクルス、ガーリックチップ、らっきょう、福神漬け、粉チーズ)

▲チキンナゲット、トッピングソーセージ、フライドポテト

▲ビーフコンソメスープ

▲味噌汁、クラムチャウダー

クラムチャウダーは、期待通りの美味しさ!

▲味噌汁の具材(麩、ねぎ、油揚げ、わかめ、なめこ)

冷製料理

▲鶏と春野菜のオーブン焼き、千葉県産お野菜のバーニャカウダー

▲千葉県産匠味豚を使った豚しゃぶと十穀米のサラダ仕立て

▲春キャベツ、ポテトサラダ、ほうれん草、海藻サラダ、ミックスビーンズ、きゅうり、プチトマト、豆苗、レタス、フリルレタス

ドレッシング各種(バジル、フレンチ、塩ダレ、ごま、とうもろこし)

▲サラダ用トッピング(クルトン、かぼちゃの種、アーモンド、カリカリベーコン、すりごま、フライドオニオン

ホテルブレッド

▲パジル&トマト、塩パン

▲千葉県産さつまいもとクリームチーズのカップ仕立て、クロワッサンダマンド

上段のさつまいもとクリームチーズのパンが美味しくて3回リピート!笑

ドリンクバー

▲オレンジジュース、アップルジュース

▲ジュース各種(カルピス、カルピスソーダ、ジンジャーエール、コカ・コーラ、メロンソーダ、ミニッツメイド、ウーロン茶、アイスティー)

▲ルピシアの紅茶各種

▲緑茶

▲コーヒー

エスプレッソやラテメニューがないのは残念。

デザート・フルーツ 

▲ティラミス、ミルクレープ苺、千葉県産牛乳を使用したキャラメルオペラ

▲アングレーズソース

お好みでケーキにかける用だそうです。

▲千葉県産卵を使用したエッグタルト、クレームブリュレ

▲パイナップル、グレープフルーツ、愛媛県産なつみ

▲ヨーグルト、フルーツカクテル、いちごソース、にんじんソース、ドライフルーツ(キウイ、マンゴー、クランベリー)

▲アイス(ガリガリ君、バニラ、カベルネソービニヲン)

ガリガリ君があるなんて。びっくりです!

離乳食のご案内

▲無料のサービスで、ベビーフードの用意もあるそうです。

気になる感想は?!

小さなグラスに盛られた冷製料理は見た目にも可愛らしく、ヘルシーで女性受けのよさそうなものが並んでいました。

対して、ホットミールではカレーが2種類もあったり、ラーメンやチキンナゲットもあったりと、ちびっこが好きそうなメニューもしっかり抑えている印象でした。個人的には、「旬の野菜と若鶏 ココナッツカレー風味」といったようなエスニックなメニューがあったのも嬉しかったです。

また、ケーキの種類が多かったり、アイスもあるのはちびっこ連れに限らず嬉しい方も多いのではないでしょうか。ルピシアの紅茶も種類が豊富で、ケーキに合わせて茶葉を選んだのが楽しかったです。

ホテルブレッドは4種類ありましたが、更にお惣菜系(ピザなど)もあったらよかったかもしれません。

 

ここから先は、少し辛口レビューになっています。

 

フェアのイチオシメニューである「アメリカンビーフステーキ2種類の部位食べ比べ」で出てきたお肉は、正直、固くて食べづらかったです。同席していた姉と共に、「(悪い意味で)これって私の知ってるザブトンとは全然違う。。。」という感想でした。まあ、値段も高めではないバイキングで出ているお肉なので、期待してはいけないのは当然なのですがね。目の前でシェフの方が焼いてくださるだけに、このような感想になってしまったのは心苦しいです。

 

それと、普段はバイキングが大好きで人一倍たくさん食べる90歳の祖母が、「なんだか食べたいものがない」と言って、白米とらっきょうと味噌汁とソーセージくらいしか食べていなかったのが少し残念でした。これは、完全に我が家の選択ミスです。お店に入る前に「洋食と和食、どっちがいい?」と聞いても「なんでもいいよ〜」という祖母なので洋食に入ってしまいましたが、「浜風」の和食ディナーバイキングの方を選んで入るべきでした。改めて振り返ってみると、今まで祖母と一緒に行っていたバイキングは、洋食メニューも和食メニューも半々といったようなところばかりでした。祖母は和食ばかりとっていたのだと思います。

 

【サンルートプラザ東京】は、朝食でもディナーでも洋食の会場(カリフォルニア)と和食の会場(浜風)に分かれていますが、これがよくもあり悪くもあるように感じました。せっかくのバイキングなのですから、会場を一つにまとめて、1つの大きな会場で洋食も和食も同時に提供してくれればいいのになぁという感想です。まあ、今から大きな食事会場を作るというのも無理な話だとは思うので仕方ないですね。

 

また家族4世代でこちらのホテルを利用することがあれば、次回は和食ディナーバイキングの方に行ってみようと思います!

 

《おすすめ記事》

▶︎【サンルートプラザ東京】《最上階でのこだわり朝食》ワンランク上のブッフェを【全品】写真レポート【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】 - YOROZU KOSODATE

▶︎【サンルートプラザ東京】《コンフォートデラックス》パークビュー宿泊記。ワンランク上のサービスとは?【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】〜2歳子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE

▶︎【サンルートプラザ東京】《キャッスルルーム》の詳細とエキストラベッド利用時の注意点【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル】〜2歳子連れ国内旅行記〜 - YOROZU KOSODATE