YOROZU KOSODATE

よろず子育て。子育てのこと。あれこれと。

え?たったこれだけ?おむつはずしに必要なものはただひとつ!〇〇だけだった!〜思いのほか簡単におむつがはずれた話〜page1

スポンサーリンク

去年、娘が2歳3ヶ月だった頃に実践した「1日トイトレ」。

▶︎一日でオムツがはずれる?!<実践してみました(2)> - YOROZU KOSODATE

 

結局、おむつ卒業どころか、「もうパンツいやだ〜おむつがいい〜!!」(←実際にはこんなに上手にしゃべれない時期でしたが)と泣きつかれたのをきっかけに、おむつ生活に逆戻りしました。その後は、いつもはおむつをはいていて、気が向けばトイレで排泄をする(1日に3〜4回くらい)、といった感じでだらだらとトイトレをしていました。

 

そんなこんなで約一年が経ち、ついにやってきましたよ、トイトレ斡旋シーズンの夏が!!この機会を逃すまいと、3歳1ヶ月の娘にトイトレを実践したところ、おどろくほどあっさりとおむつが取れてしまいました。去年の失敗から学んだ部分なども踏まえて、娘のおむつがとれた経緯をご紹介させていただこうと思います。

いきなりトイトレを始めていませんか?トイトレを始める前にやってみたこと。

まず、本格的なトイトレを始める前に、娘への言い聞かせをするところから始めてみました。これは、どこかで読んだとかではなく、私のオリジナルな方法です。笑

 

トイトレって、親が「よし!始めよう!」と思った時から始めますよね。トイトレの主役である子どもの方は、ある日突然トイレで排泄をするように催促される。これってフェアじゃない気がしたんです。子どもの方にも心の準備をさせてあげる期間が必要なのではないかなと考えました。

 

そこで私は、娘のおむつを交換するたびに、「大事なお話があるよ。実はね、いつまでもおむつでおしっこやうんちをするわけにはいかないんだよ。いつかはトイレでするようになるんだからね。ママやパパだってそうしてるんだから、〇〇(子どもの名前)だって絶対にできるからね。」と言い聞かせました。

3歳なので、こちらの言っていることはわかります。

 

この言い聞かせを始めた3日後ぐらいから、夜寝ている間におむつにおしっこをした時に、寝ぼけながらも「トイレに行く〜」と起きるようになりました。「おむつでおしっこをしてしまった」ということに罪悪感を抱くようになったのでしょうか。その罪悪感、ぜひ昼間に抱いてちょうだい!と思うのですが、昼間は全然お構い無しにおむつにおしっこをするんですよね。それなのに、夜になると排尿のたびに不思議と起きるんです。もうおむつにおしっこをしてしまっているので、トイレに行っても何も出ませんが、一応トイレに付き合いました。それが3晩くらい続いたので、「これは本格的にトイトレを始めるいいタイミングかな?」と思うようになりました。

 

実際、この言い聞かせを始めた時には、いついつからトイトレするぞ!なんて思ってはいなかったのですが、娘の反応をみて、本格的なトイトレ開始を決めました。

トイトレに一番重要な〇〇とは?!

さて!早速トイトレ開始!といきたいところですが、その前に!

この記事のタイトルにもなっているように、トイトレが成功するか失敗に終わるかを分ける一番重要な要素があります。みなさんはなんだと思いますか?

 

 

 

答えは、「親の覚悟」です。

 

 

 

ちょうどトイトレ関連の講座を受けてきた〜という友人がいたのですが、その時に講師に言われたそうです。

 

覚悟さえ決まっていれば、汚されたって怒らない。

覚悟さえ決まっていれば、外出だってパンツのまま行く。

 

去年の私、何度もジャージャーやられて、イライラしました。逆に、汚されたくないからと、しつこくしつこくトイレは大丈夫かと聞いてしまっていました。娘にとってかなりプレッシャーだったことでしょう。外出するときは、車のシートを汚されては困る、とビビっておむつをはかせていました。そう、今思えば「覚悟」が決まっていなかった。

 

ちなみにですが、トイトレを始めると、夜中に起こされて一緒にトイレに行くようにもなるかもしれません。一晩のうちに、2度や3度起こされるかもしれません。これも「覚悟」の上でトイトレを始めなきゃいけない。

 

1度目のトイトレと今回のトイトレで確実に変わったのは、私の覚悟でした。

1歩進んで2歩下がる?!後退するのは当たり前。

トイトレ関連の講座を受けてきたという友人の子供は、受講後、1週間でトイレで排泄できるようになったそうです。(まだうんちはパンツでしちゃうのでトイトレ完了とはいえないですが)

 

タイミングよく経験談を聞くことができたのですが、その子の場合は、3日目の粗相が一番ひどかったそうです。1日目、2日目と順調にトイレでできる回数が増えていたところで、3日目に突然ジャージャーに逆戻り。その日は一度もトイレに行かなかったそうです。想像するとゾッとしますが、「覚悟」が決まっていたのでどんと構えていられたそうです。

その後、4日目、5日目とトイレで成功する回数が増えていき、1週間でトイトレ完了(うんち以外)となったということでした。

 

トイトレが順調に進んでいるように思えても、ある日突然かなり後退することがある。そのことを事前に想定できているだけでも、親のストレスは大分減りますよね。

 

娘の場合、平日は日中プリスクールに通っているので、1週間という期間を設けるのが難しい状況でした。(娘のプリスクールには夏休みがありません。)

「3日目が一番やばい」という例を聞いていたので、一番やばいであろう3日目を家で過ごせるように、土日月の3連休を利用してトイトレを開始しました。

いざ!トイトレ開始!【娘のトイトレ記】

前置きが長くなってしまいましたが、(逆に前置きが一番重要だったのでここからは適当に流し読みしてもらって構わないのですが、笑)娘のおむつはずれの経緯をご報告します。

トイトレ初日(土曜日)

朝からパンツを履かせました。

パンツを履かせる前に、「パンツを履いてみる?パンツを履くならトイレでおしっこやうんちをしなくちゃいけないことになるんだけど、どうする?おむつのままがいい?パンツがいい?」と、娘に決めさせました。パンツがいいというので、晴れてトイトレスタートです。

 

去年、「もうパンツ嫌だ〜」となってしまって以来だったので、パンツに対して嫌な思い出が残っていないかと少し気がかりでしたが、そんな心配をよそに、かわいい絵柄のパンツにテンションあげあげの娘でした。

 

リビングにおまるを置き、おまるでもトイレでもどちらでも好きな方を使えるようにしました。

 

朝9時、早速パンツにうんち♪私が後始末をしている姿を見て、娘が「ママ、ごめんね」とつぶやきました。娘の成長ぶりに驚かされました。

「大丈夫だからね。トイレでいきなりできないのは当たり前だからね。これから一緒に練習していこうね。一緒に頑張ろうね。」と言いました。

 

その後、何度もパンツでジャージャーやりまくりの娘。よく、「トイトレでは失敗しても絶対に怒っちゃだめ!」って言いますよね。私もそれを心がけていたし、覚悟を決めたせいか、不思議とイライラもしませんでした。

でも、夕方までジャージャーが続き、おまるやトイレを使う気配すら見せない娘を見て、ふと思ったんです。

 

「どうせ失敗してもママが片付けてくれるからいいや〜」なんて思ってないよね?!

 

「怒る」と「叱る」って違う。そう思い、意を決して娘を叱りました。

「パンツを履くって自分で決めたんだから、トイレでおしっこをしようね。パンツのままおしっこをすると、後片付けばっかりでママ大変なんだよ。後片付けすると、〇〇(娘の名前)と一緒に遊ぶ時間がどんどん減っちゃうよ。トイレでおしっこをしてくれたら、ママとっても嬉しいんだよ。」

その上で、パンツを続行するのかおむつにするのかも娘に決めさせました。娘はパンツがいいということだったので、トイトレ続行です。

 

19時、パンツが少しだけおしっこで濡れたところで、自らおまるに移動し、残りの排尿をすることができました。「ちゃんとおまるでできたね!よかったね!ママとっても嬉しいよ!」と、大喜びしました。これが大きなターニングポイントでした。このあとから寝る前までに、下着を汚すことなく4回排尿が成功しています。自分のタイミングで自分で勝手におまるに座って排尿していました。

 

あのとき「叱る」という選択をしましたが、娘にはちゃんと何かが伝わったようです。

 

寝入る直前におむつを履かせましたが、朝4時に自ら起きておまるで排尿をしていました。(ママ〜と起こされるので私も一緒に起きます。)その後また寝て、朝までおむつを濡らさないでいられました。

トイトレ2日目(日曜日)

この日も朝からパンツです。

9:30、11:30の2回は、少し下着に漏らしつつも、自らおまるに移動して残りの排尿ができました。

12:30には、排尿も排便もおまるで大成功!排便までできるとはビッグサプライズ!これはとっても嬉しかった!娘と二人で大喜びしました!

 

その後は、遊びに夢中だったりパパがいたタイミングで計2回失敗することもありましたが、それ以外では4回排尿成功。さらに夕方に特大のうんちもおまるでできました。(ちなみにこのとき、梱包材のプチプチを自分で持ってきておまるに座り、プチプチをつぶしている間にうんちが出ました。プチプチが娘のおトイレお助けアイテムなようです。笑)

 

1日のうちに2回もおまるで排便ができて、娘も私も、少しずつ自信が湧いてきていました。

 

寝入る直前におむつを履かせましたが、朝まで起きず、朝にはおむつが濡れた状態でした。

トイトレ3日目(月曜日)、NHKホール&一泊旅行

この日も朝からパンツです。

午前中は、おまるやトイレで排尿を成功させていました。

ただ、この日は午後からお出かけの予定があったのです・・・

 

当選確率の低いNHKのわんわんワンダーランドの東京公演のチケットをオットが見事に当ててくれ、この日がその公演日だったのです。

さらに、公演終了後は車で1時間程の距離のホテルに泊まりに行くというなかなかのスケジュールでした。よくこんなタイミングでトイトレ始めたよなって話です。笑

 

続く・・・